トップページ

島崎藤村学会について

 1963(昭和38)年9月、藤村没後20年を記念して藤村研究誌「風雪」が創刊され、1974(昭和49)年までに第11集を数えたのち、廃刊されました。その後藤村研究会の創設が試みられ、1974(昭和49)年11月、甲南女子大学にて第1回研究発表会ならびに臨地研究会を開催したのが本学会の始まりです。

 
1976(昭和51)年11月、研究機関誌「島崎藤村研究」創刊号を双文社出版より発行、「発刊のことば」として、「藤村が身をもって日本近代文学の開拓に尽瘁したように、彼を中心としながら広い視野と自由な立場をもってする、近代文学全般にわたる研究成果と諸資料の、権威ある発表機関たらしめてゆきたい」を掲げました。
 
1983(昭和58)年10月、会の名称を「島崎藤村研究会」から「島崎藤村学会」に変更し、現在に至るまで、全国大会ならびに臨地研究会の開催(9月)、地区研究会の開催(不定期)、機関誌「島崎藤村研究」(9月)ならびに「島崎藤村学会会報」(4・9月)の刊行を中心に、活発な研究活動と国内外の会員の相互交流を続けています。



最新情報

〇「島崎藤村学会会報」目次

第55号(令和3年4月1日発行)
令和三年第四十八回島崎藤村学会全国大会「木曽馬籠大会」に向けて
            大会実行委員長 細川 正義
『夜明け前』を読み解く         鈴木 昭一
■編集後記

第54号(令和2年10月1日発行)
島崎藤村学会二〇二〇年度全国大会中止に至った経緯と新年度への
歩みについて        会長 細川 正義
小諸市立藤村記念館近況   館長 柳澤 厚
■編集後記

第53号(令和2年4月1日発行)
第四十七回島崎藤村学会全国大会「東京大会」に向けて
            大会実行委員長 小林 明子
臨地研究への誘い―高輪・芝・飯倉界隈を歩く―
            神田 重幸
■インフォメーション
■編集後記

このエントリーをはてなブックマークに追加