全国大会

大会プログラム等

〇第46回全国大会 木曽福島大会 
2019年9月28日(土) 研究大会
       29日(日) 臨地研究
大会会場 木曽町文化交流センター
           (長野県木曽郡木曽福島5129番地)
大会テーマ 「藤村と「木曽福島」―『家』を再読する―」

  

9月28日(土)研究大会プログラム  
             
10:00~17:50
                       
総合司会  友重 幸四郎(四国大学)
 9:30  受付開始
 10:00  開会の辞 宇野 憲治
             (大会実行委員長・比治山大学名誉教授)

        会長挨拶 細川 正義
             (島崎藤村学会会長・関西学院大学名誉教授)
      
来賓挨拶 山瀬 明弘
             (木曽町教育委員会教育長)
 
 第一部 

 10:1011:40
 研究発表  木曽の近世史と『夜明け前』
          関 秀雄(長野県野沢北高等学校 非常勤講師)
         『夏草』の考察 ―「農夫」を中心に―
             伊狩 弘(宮城学院女子大学)

                司 会 小林 明子(白百合女子大学)

 昼食:休憩 11:40~12:40
 

 12:40
13:40

  講 演   下山 孃子(島崎藤村学会副会長・大東文化大学名誉教授)

  題目: 藤村のイブセン受容
          ―「幽霊のような白い馬」(『ロスメルの家』)とは?―

 第二部
 13:5016:20
 シンポジュウム「島崎藤村『家』を再読する」
    司会・コーディネーター 細川 正義(島崎藤村学会会長
                      ・関西学院大学名誉教授

   発題者

      『家』と高瀬家      熊谷 かおる氏 (高瀬家資料館)
    想うこと      井口 利夫氏(島崎藤村散歩の会代表)

      〈家意識〉はどのように変容したか
               関谷 由美子氏 
(島崎藤村学会理事)

 16:30 閉会の辞  川島 秀一 (元山梨英和大学)

 総会 16:5017:50
    1 事業報告・永渕 朋枝(島崎藤村学会事務局長)
    2 会計報告・五十里 文映(島崎藤村学会会計)
    3 その他

 懇親会 18:3020:30
    木曽町文化交流センター 大会議室(2F)
       
司 会  水野 永一(島崎藤村学会理事)  


〇第45回島崎藤村学会全国大会 「城崎大会」

大会テーマ  島崎藤村文学における〈旅〉の意義
        ―『山陰土産』の〈旅〉をめぐって― 
日程 研究大会 平成30年9月29日(土) 10時~
   大会会場 兵庫県豊岡市 豊岡市民会館 大会議室
       
    〒668-0046 兵庫県豊岡市立野町20-34
   臨地研究 9月30日(日) 
         藤村『山陰土産』ゆかりの地を訪ねて
   (役員会 9月28日(金) 16時~ 城崎温泉「つたや」)


研究大会プログラム


総合司会 川島秀一

9:30  受付開始
10:00 開会の辞 細川正義(大会実行委員長・関西学院大学名誉教授)
     会長挨拶 神田重幸(島崎藤村学会会長・東洋大学名誉教授)

第一部
 10:10~10:50
 研究発表 栗原悠(早稲田大学大学院)
      「山陰土産」における「名家」と「素人」
 司会   中山弘明(徳島文理大学)
 11:00~12:00
 講演   宇野憲治(比治山大学名誉教授)
   題目:島崎藤村―旅と人生―

昼食:休憩 12:00~13:15

第二部
 13:15~16:00
 シンポジュウム「島崎藤村『山陰土産』の〈旅〉」(仮)
   司会・コーディネーター 村上文昭(元関東学院大学)
   発題者 城崎温泉「ゆとうや旅館」社長 飯田由美氏
       鳥取市小銭屋旅館女将 小谷悦子氏
       「野村君」のお孫さん 野村剛氏
       益田市 大谷嘉助御孫娘 大谷智子氏

 16:00 閉会の辞 下山孃子(島崎藤村学会副会長・大東文化大学)

総会 16:20~17:20
 1. 事業報告・小林明子(島崎藤村学会事務局長・白百合女子大学)
 2. 会計報告・三輪眞理子(島崎藤村学会会計)
 3. その他


懇親会 18:30~20:30
 城崎温泉「つたや」旅館
  司会 友重幸四郎(四国大学)



第44回
  
日時  2017年9月30日(土) 10:00~
場所  大東文化大学 板橋キャンパス 多目的ホール
                (東京都板橋区高島平1-9-1)
    臨地研究会 10月1日(日) 9:30
         川越駅(東武東上線)改札口 集合
研究大会プログラム

9:30  受付開始・開場

(1)大会 10:00~16:40

10:00 開会の辞  下山孃子(大会実行委員長・大東文化大学)
      主催者挨拶 神田重幸(島崎藤村学会会長・東洋大学名誉教授)
      来賓挨拶  河内利治(大東文化大学文学部長)

〔第一部〕10:10~12:00   総合司会 友重幸四郎(四国大学)
10:10 研究発表
      関秀雄(長野県野沢北高等学校非常勤)
      「『破戒』の成立とその周辺について」
10:50 美留町義雄(大東文化大学)
      「鷗外のベルリン、藤村のパリ」

11:30~12:00 「藤村と川越について」 尾﨑勝美(島崎藤村学会)

昼食・休憩 12:00~13:00(大東文化大学内 生協食堂)

講演 13:00~14:00
   山田有策(東京学芸大学名誉教授)  「藤村の〈近代〉」

〔第二部〕14:15~16:15
シンポジウム 「家族・女学生・ホモソーシャルな欲望
                   ―明治期の藤村を中心に―」
   司会    中山弘明(徳島文理大学)
   パネリスト 小林幸夫(上智大学)
         鈴木啓子(宇都宮大学)
         関谷由美子(文教大学非常勤)

16:30 閉会の辞  細川正義(関西学院大学名誉教授)

(2)総会
 16:40~17:40
 1・事業報告・小林明子(島崎藤村学会事務局長・白百合女子大学)
 2・会計報告・三輪眞理子(島崎藤村学会会計)
 3・その他

(3)懇親会 18:00~20:00(大東文化大学内 グリーンスポット



第43回
 日時 2016(平成28)年9月24日(土) 
 場所 小諸市民交流センター「ステラホール」
     小諸市相生町2-3-5 TEL 0267-25-2244 
①プログラム
 9時10分 受付開始
 9時30分 開会    総合司会 目野由希(国士舘大学)
  主催者挨拶  神田重幸(島崎藤村学会会長)
  来賓挨拶   小泉俊博様(小諸市長)
  [第1部](9時45分~11時45分)
  研究発表
   ①9時45分~10時40分
    「島崎藤村とキリスト教」  宮地國男(島崎藤村学会会員)
   ②10時50分~11時45分
   
 「藤村の終末意識―『破戒』を中心に―」
                  伊狩弘(宮城学院女子大学)
  休憩・昼食
  [第2部](12時50分~16時15分)
  ①記念講演 12時50分~13時50分)
   「島崎藤村における国際性と文明批評」
         細川正義(関西学院大学、島崎藤村学会副会長)
  ②座談会 14時~16時
   「小諸で考える『千曲川のスケッチ』」
      司会 千葉宣朗(島崎藤村学会会員)
         掛川邦男(島崎藤村学会会員)
         富岡正樹(島崎藤村学会会員)
         水野永一(島崎藤村学会会員)
  閉会の辞・講評 16時5分~16時15分 
         宇野憲治(比治山大学)
  総会(16時30分~17時)
   ・事業報告 小林明子事務局長
   ・会計報告 三輪眞理子会計担当
   ・その他
  
  懇親会 18時~20時
      JA佐久浅間「ベルウィン小諸」2階「夢のホール


②臨地研究
 日時 2016(平成28)年9月25日(日)
[Ⅰ]集合 小諸駅前8時50分、同駅前 徒歩9時出発→小諸懐古園[小諸義塾記念館・義塾碑跡・木村熊二記念碑・矢場跡・藤村記念館・藤村詩碑・千曲川展望]
[Ⅱ]小諸駅前 バス乗車11時10分出発→水明楼・中棚鉱泉(旅館・中棚荘)[藤村ゆかりの史跡]→昼食・佐久平プラザ21(12時10分~13時)→志賀の「赤壁」神津家[藤村と神津猛との交流]→臼田の「井出家」[藤村の四女・柳子の婚家]→稲荷山公園・藤村詩碑『千曲川旅情の歌』→貞祥寺と藤村旧宅[貞祥寺は佐久地方を代表する古刹で、境内には小諸時代の藤村家族が暮らした旧居がある。佐久・前山村の本間家が買い取り、大正9年に移築した]→JR佐久平駅前 16時頃着。解散。→小諸駅前 16時30分頃着 
     


第42回
 日時  2015(平成27)年9月26日(土)
     9時~16時40分
 場所  仙台ガーデンパレス 4F 羽衣の間
      宮城県仙台市宮城野区榴岡4-1-5 TEL 022-299-7177
プログラム
 9時 受付開始
 9時30分 開会
   開会の辞、主催者挨拶     神田重幸(島崎藤村学会会長)
〔第Ⅰ部〕(9時40分~11時40分)
 研究発表   
  9時40分~10時20分
   『破戒』における〈周縁〉とジェンダー 
      ―「蓮華寺」を視座として―        森本隆子
  10時20分~11時
   戦時下における『処女地』の女性たちと島崎藤村  永渕朋枝
  11時~11時40分
   布施淡と島崎藤村の交流
      ―絵画と文学―     布施協三郎(布施淡氏 ご子孫)
昼食・休憩(理事会)(11時40分~13時10分)
 昼食時間 12時40分~13時  
   「劇団ふたり」による島崎藤村の作品の朗読
〔第Ⅱ部〕(13時10分~16時30分)
 13時10分~14時10分
 講演    
   明治三十年代の新体詩―藤村と花袋― 丸山幸子(花袋研究学会副会長)
 14時20分~16時20分
 シンポジウム
  「詩歌と伝統 ―21世紀に読む藤村詩―」
   司会    下山嬢子(大東文化大学)
   パネリスト 佐藤伸宏(東北大学)
         九里順子(宮城学院女子大学)   
         五十里文映(淑徳大学非常勤)
 16時30分~16時40分 
   閉会の辞  千葉宣朗(島崎藤村学会理事)

総会(16時45分~17時30分)
 ・事業報告 小林明子 事務局長
 ・会計報告 三輪眞理子 会計担当
 ・その他(次期開催地など)
懇親会 18時~20時 仙台ガーデンパレス 2F 鳳凰の間

②臨地研究
日時 2015(平成27)年9月27日(日)
仙台ガーデンパレス前 8時30分出発、同地16時30分解散
集合 仙台ガーデンパレス 8時30分→仙台市若林区荒浜 9時~9時30分→仙台東IC→三陸自動車道→登米IC→登米市登米町 11時20分(徳永直が疎開した妻の里・宮城の明治村)・昼食・12時40分→岩手県藤沢町大籠キリシタン殉教者の遺跡 13時20分~14時30分→登米東知IC→三陸自動車道→仙台ガーデンパレス 13時30分 解散


第41回
 日時 2014(平成26)年9月27日(土) 
    9:30~17:30  開場9:00
 場所 神戸女子大学三宮教育センター5階特別講義室
     兵庫県神戸市中央区中山手通2-23-1 TEL 078-231-1001
 プログラム
  9:30 開会の辞  齊山美津子(神戸女子大学文学部長)
     主催者挨拶 髙阪薫(島崎藤村学会会長)
 [第1部] 総合司会   川島秀一(前山梨英和大学教授)
  9:40~10:20 研究発表 
      ホルカ・イリナ(大阪大学特任助教)
      「翻訳される藤村 ―『破戒』と1960年代のルーマニア―」
  10:20~11:00 研究発表
      掛川邦男(島崎藤村学会会員)
      「島崎藤村と『中学世界』 ―更に画家達との関係―」
  11:15~12:15 講演
      髙阪薫(神戸女子大学客員教授・甲南大学名誉教授)

      「藤村のアイデンティティ ―名も知らぬ遠き島より―」
 [第2部] 総合司会 小林明子(白百合女子大学教授)
  13:30~14:00 筑前琵琶 川村旭芳(日本旭会師範)
  14:10~16:10 シンポジウム 「藤村にみる国際性 
                    ―フランス体験を巡って―」
      司会    細川正義(関西学院大学教授)
      パネリスト 宇野憲治(比治山大学教授)
            任苔均(聖潔大学校教授)
            藤岡加世子(清泉女子大学キリスト教文化研究所)
  16:15~16:20 閉会の辞 千葉宣朗(島崎藤村学会副会長)
  [総会] 16:30~17:30
  
  懇親会 18:00~20:00(萬寿殿 TEL 078-231-4531)
  臨地研究 9月28日(日)9:00~16:00
        ―国際文化都市神戸を交差した文学者たち―



第40回
 日時 2013(平成25)年9月28日(土) 10時45分~16時30分
 場所 県立神奈川近代文学館(横浜市中区山町110)
①プログラム
 受付(10時00分)
 開場(10時30分)
  開会の辞   下山孃子(大会実行委員長)
  主催者挨拶  髙阪薫(島崎藤村学会会長)
[第1部](11時00分~12時30分)  司会 友重幸四郎(四国大学)
 研究発表
  Ⅰ「島崎藤村『新生』と志賀直哉『大津順吉』における〈愛〉」
     モハンマド・モインウッディン(大阪大学外国人招聘研究員)
  Ⅱ「丸山静の藤村論―国民文学論との関りの中で―」  
     中山弘明(徳島文理大学)
 昼食・休憩(12時20分~13時05分)
 講演(13時10分~14時20分)
  堀江重幸氏(作家・早稲田大学) 
   「下書きと素描―『千曲川のスケッチ』をめぐって」
[第2部](14時30分~16時30分)  司会 永渕朋枝(神戸女子大学)
 シンポジウム 「東西文明のはざまで―昭和十年代をメルクマールとして―」
  司会     小林幸夫(上智大学)
  パネリスト  関谷由美子(大東文化大学他)
         後藤康二(会津大学)
         黒田俊太郎(鳴門教育大学)
 閉会の辞(16時30分)  伊狩弘(宮城学院女子大学)
 総会(16時50分~17時30分)
  小林明子(事務局長)
  三輪眞理子(学会会計)
 懇親会(18時45分~20時45分)  ホテルニューグランド

②臨地研究
 日時 2013年9月29日(日) 7時45分~17時00分(予定)
 集合 7時45分→ホテル「ナビオス横浜」玄関前、8時00分出発→
 大磯駅前(バス下車)→澤田美喜記念館→地福寺→小島本陣跡など→
 新島襄終焉の地碑など→鴫立庵、バス乗車→昼食(大磯プリンスホテル)→
 バス下車、統監道→藤村旧居→大磯駅前(15時00分~15時10分予定)→
 ホテル「ナビオス横浜」(17時00分頃予定)


第39回
 日時 2012(平成24)年9月29日(土) 9時20分~16時25分
 場所 国民宿舎「サンライズ九十九里」(千葉県山武郡九十九里町真亀)
①プログラム
 会場・受付(9時00分)
 開会(9時20分~9時30分)
  開会の辞   千葉宣朗(大会実行委員長)
  主催者挨拶  髙阪薫(島崎藤村学会会長、甲南大学名誉教授・前学長、
             現神戸女子大学客員教授)
  来賓挨拶   川島信也様(九十九里町町長)
  総合司会   後藤康二(会津大学教授)
[第1部](9時30分~12時00分)  司会 後藤康二(会津大学教授)
 研究発表(9時30分~10時50分)
  Ⅰ「藤村『夏草』論」  五十里文映(淑徳大学非常勤講師)
  Ⅱ「『若菜集』におけるキリスト教の受容とその限界」  
              崔順育(ソウル神学大学日本語学科教授)  
 講演(11時00分~12時00分)
  千葉宣朗(島崎藤村学会理事・副会長)  「藤村の人生と千葉県」
 昼食(12時10分~12時50分)
[第2部](12時50分~16時25分) 司会 目野由希(国士舘大学講師)
 「藤村詩を歌う」(12時50分~13時30分) 
                  司会 作田光代(島崎藤村学会運営委員)
  東金・歌唱グループ「ミモレット」の皆さん 
     メゾソプラノ・深山陽子、ソプラノ・寄木浩子、
     アルト・深山百代、ピアノ・篠原栄子
 シンポジウム(13時40分~16時10分)
  テーマ「島崎藤村の生涯~人の作品から考える72年~」
  コーディネーター  神田重幸(東洋大学名誉教授)
  パネリスト     伊狩弘(宮城学院女子大学教授)
            小林明子(白百合女子大学准教授)
            村上文昭(元関東学院大学教授)
 閉会の辞(16時15分~16時25分)  細川正義(関西学院大学教授・
                        島崎藤村学会副会長)
 総会(16時30分~17時10分)
  小林明子(事務局長)
  三輪眞理子(学会会計)
 懇親会(18時10分~20時20分) 国民宿舎「サンライズ九十九里」大宴会場

②臨地研究
 日時 2012年9月30日(日) 8時50分~14時40分
 集合 8時50分→高村光太郎『智恵子抄』詩碑→
 徳富蘆花文学碑(片貝海岸)→真忠組志士鎮魂碑→
 竹久夢二『宵待草』文学碑→真忠組屯所「大村屋跡」(車窓より)→
 円福寺・子安家墓所(子安大助・妻津の墓)→旧子安家跡→
 東金・最福寺・昼食(藤村ゆかりのレストラン「八鶴亭」)→
 鴇ケ峰展望台→伊藤左千夫文学記念館・左千夫生家・茶屋(唯真閣)→
 伊藤左千夫記念公園→JR総武本線・成東駅前解散 14時40分


第38回 2011(平成23)年 四国大学交流プラザ(徳島県徳島市)

第37回 2010(平成22)年 穂高会館(長野県安曇野市)

第36回 2009(平成21)年 東洋大学(東京都文京区)
              花袋研究学会と合同開催

第35回  2008(平成20)年 中津川中央公民館(岐阜県中津川市)

第34回  2007(平成19)年 関西学院大学(兵庫県西宮市) 
               大韓民国日本語文学会と合同開催

第33回  2006(平成18)年 かんぽの宿磯部(群馬県安中市)

第32回  2005(平成17)年 仙台文学館(宮城県仙台市) 

第31回  2004(平成16)年 南木曾会館(長野県木曾郡南木曾町)

第30回  2003(平成15)年 竹林院群芳園(奈良県吉野市)

第29回  2002(平成14)年 慶州大学校(韓国慶州市) 
               大韓民国日本語文学会と合同開催

第28回  2001(平成13)年 比治山大学(広島県広島市) 
               北村透谷研究会と合同開催

第27回  2000(平成12)年 長野県短期大学(長野県長野市)

第26回  1999(平成11)年 岩村町公民館(岐阜県恵那郡岩村町)

第25回  1998(平成10)年 小諸市市民会館ホール(長野県小諸市)

第24回  1997(平成9)年 五島軒ホール(北海道函館市)

第23回  1996(平成8)年 明治学院大学(東京都港区)

第22回  1995(平成7)年 一関文化センター(岩手県一関市)

第21回  1994(平成6)年 神奈川近代文学館(神奈川県横浜市)

第20回  1993(平成5)年 馬籠文化センター(長野県木曾郡山口村)

第19回  1992(平成4)年 甲南大学(兵庫県神戸市)

第18回  1991(平成3)年 上智大学(東京都千代田区)

第17回  1990(平成2)年 諏訪市文化センター(長野県諏訪市)

第16回  1989(平成元)年 木曾福島会館(長野県木曾郡木曾福島町)

第15回  1988(昭和63)年 東金文化会館(千葉県東金市)

第14回  1987(昭和62)年 京都女子大学(京都府京都市)

第13回  1986(昭和61)年 川越市立図書館(埼玉県川越市)

第12回  1985(昭和60)年 大津市観光会館(滋賀県大津市)

第11回  1984(昭和59)年 湯島ガーデンパレス(東京都文京区)

第10回  1983(昭和58)年 高知大学(高知県高知市)

第9回  1982(昭和57)年 ソニー学園湘北短期大学(神奈川県厚木市)

第8回  1981(昭和56)年 鳥取大学(鳥取県鳥取市)

第7回    1980(昭和55)年 大磯町立大磯小学校(神奈川県中郡大磯町)

第6回    1979(昭和54)年 帝塚山短期大学(奈良県奈良市)

第5回    1978(昭和53)年 東北学院大学(宮城県仙台市)

第4回    1977(昭和52)年 明治学院大学(東京都港区)

第3回    1976(昭和51)年 小諸市藤村記念館(長野県小諸市)

第2回    1975(昭和50)年 大津社会教育会館(滋賀県大津市)

第1回    1974(昭和49)年 甲南女子大学(兵庫県神戸市)




第45回全国大会 報告
                             
  
第四十五回島崎藤村学会全国大会「城崎大会」報告

                  大会実行委員長   細 川 正義

 平成三十(二〇一八)年度の島崎藤村学会第四十五回全国大会は九月二十九日(土)に藤村の『山陰土産』ゆかりの地のひとつ兵庫県豊岡市城崎町に近い豊岡市民会館を会場にして開催されました。
 藤村が大阪朝日新聞の委嘱によって息子鶏二を伴って大阪から津和野までの旅をしたのは昭和二(一九二七)年七月五日から十九日までの十五日間でした。『山陰土産』はその旅の産物ですが、本学会では第八回大会を鳥取市の鳥取県社会福祉会館を会場に行っていますので三十七年ぶりに、今度は会場を藤村がこの旅で最初に宿泊した城崎を舞台にして実施いたしました。宿舎、懇親会場としては三十七年前と同じ城崎温泉「つたや」旅館にお世話になりました。藤村の訪問からは九十一年が経過していますが、九十一年ぶり故に、その藤村の足跡が現在にもしっかりと伝えられていることを確認できる貴重な大会となりました。
 しかし、台風二十四号の接近で、三十日(日)にはJRが全面ストップするというニュースも伝わり、やむなく準備を整えてきましたゆかりの地を探訪する臨地研究は中止として、翌朝早くに城崎をあとにしました。臨地研究は藤村が山陰の旅の最初に宿泊した「ゆとうや」旅館をはじめ城崎市内を巡り香住の大乗寺まで、藤村の足跡を訪ねる事を予定にしていましたので、実に残念なことになりましたが、村上文昭先生を中心に実行委員会で作成した文学散歩のしおりを参考にしていつか再訪の機会が得られればと願っております。

 二十九日の大会は、十時よりの開催でしたが、神田重幸会長のあいさつの後、研究発表に入りました。

 研究発表は早稲田大学大学院の栗原悠氏の「「山陰土産」における「名家」と「素人」」と題したもので、予定ではパワーポイントを用いてのご発表の予定でしたが、プロジェクターとパソコンの不具合から、口頭発表のみに成りましたが、パワーポイント用の資料を準備されての明解なご発表でした。

 発表の内容は、藤村の山陰の旅が、朝日新聞社の「名家の旅」と題したリレー形式の一環であり、まずは「名家」即ちプロフェッショナルとして位置付けられた立場で山陰の風景を眺める視点が前提とされていたことと、一方で作者が文章中に繰り返して自分が山陰の土地に対して「素人」であるという事を強調しているというこの二点に注目して論じ、結論としては「素人」であることを強調することで「批評性」を獲得することが出来、旅の紀行文として必要である批評眼によって描かれている点に「山陰土産」には紀行文としての新しい語りの文体を見る事ができるという論でした。この「山陰土産」の旅と執筆が昭和二年で、「夜明け前」の構想が進められている時期と重なることから、この「山陰土産」での手法が青山半蔵像を描くことへと繋がって行くであろうという見通しを提示されたことも興味深いご指摘でした。

 その後宇野憲治氏の「島崎藤村―旅と人生―」と題した講演を頂戴しました。本年度の大会の総題は「島崎藤村文学における〈旅〉の意義―『山陰土産』の〈旅〉をめぐってー」であり、宇野氏の御講演は本年度の全国大会の全体を示したテーマでお話し下さり、御講演の内容は藤村の「旅と人生」を一望した重厚なものでした。

 藤村における大きな〈旅〉としては、青年時代の関西漂泊の旅から、仙台への赴任、小諸への赴任、フランスへの旅、国際ペンクラブ参加の時のアルゼンチンへの旅などがあげられるとし、その旅の(かなめ)の所に、藤村が終生愛読し、関心を寄せ続けた芭蕉との関係があることを改めて検証され、この芭蕉の存在が藤村文学に余韻と奥行きの深さを作り出す要因ともなっているという視点で全体を見通された点に、説得性と深い共感をもたらせた御講演でした。山陰の旅でも、各地で求めに応じて書き残した藤村の筆になる文章や色紙の言葉もそのほとんどが芭蕉の言葉を用いてのものであり、そこに藤村の人生観と味わいの深さが感じられると締めくくって下さいました。
 午後は、今大会の一番の目的でもあった、藤村の「山陰土産」の旅にゆかりのある人物のお孫さんの世代に当たりますが直接の関係者の方たちをお招きしてのシンポジュウムを行いました。藤村が山陰旅行の最初に宿泊した城崎温泉「ゆとうや旅館」の「油とうや若主人」のお孫さんで現在の社長でいらっしゃる飯田由美氏、『山陰土産』に「野村君」として登場しますかたのお孫さん野村剛氏、石見益田の「大谷君」として登場する大谷嘉助さんのお孫さんの大谷智子氏の3名をお迎えしました。もう一人鳥取市の小銭屋旅館の、藤村が求められて名付け親となった小谷種夫氏のご夫人悦子さんが参加して下さる予定でしたがご都合で御欠席になり残念でした。
 司会はこの企画をコーディネートして下さった村上文昭氏が務めて下さり、ご自身『島崎藤村『山陰土産』の旅』の御著書も刊行していらっしゃるので、ご発題下さった方たちとの長年の交流と豊富なご経験を踏まえて様々なお話しを導いて下さり、三名の方たちもそれぞれ、かつての藤村の旅を思い出させる懐かしいお話をして下さり、特に、お孫さんならではの貴重なお話も聞かせて頂き大変有意義なシンポジュウムとなりました。
 大会はシンポジュウムの後下山孃子副会長による閉会の言葉で終了し、あと総会にうつりました。台風二十四号接近による悪天候にもかかわらず学会員に加えて地元の方たちにも参加して頂き、盛会となることが出来ました。
 総会の後、会場を「つたや」旅館に移して懇親会を持ちました。スピーチでは、翌日の臨地研究を中止にせざるを得なくなった残念な思いもあるが、市民会館での大会が充実した一日であったと、皆さんが大会に出席した喜びを語って下さったことに企画委員一同胸をなでおろしました。

 今回は、城崎の地に大会の準備を担うメンバーが藤村学会員の中に不在であったので、豊岡市民会館の予約には「つたや」旅館の方が出向いて下さり、また、旅行会社日本トラベルに、宿泊から、大型バスの予約、会場移動の車、昼食にいたるまですべての手配を依頼し、多大な協力を頂きました。
 学会員一人一人に協力を頂いたことは言う迄もありませんが、地元の方など多くの皆さんの協力を得て大会が盛会裏に挙行できましたことは改めまして感謝申し上げます。

 最後に、今回は臨地研究が中止という不測の事態となりましたが、懇親会の席上で伊狩弘氏から、臨地研究中止によって団体バス料金、拝観料等の払戻金が生じますが、これは学会運営のために寄付しましょうというご提案を頂き、参加者の皆さんのご賛同を頂戴しましたことを御礼申し上げます。懇親会等個人のキャンセルにつきましては、返金させていただきますが、臨地研究に関わる費用に関しましては、後日、会計報告にて、懇親会でご了承いただきましたかたちでお示しさせていただきます。よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加